鹿児島の紅いでこぽん「大将季」、世界一小さいみかん「桜島小みかん」出発式と初せり!!

平成28年11月28日、鹿児島中央青果にてでこぽん「大将季」、12月3日鹿児島青果にて「桜島小みかん」の出発式と初セリがそれぞれ行われました。

大将季は、鹿児島県オリジナルの品種で果皮・果肉共に紅いのが特徴で今年で販売10周年を迎えました。
出発式では、今回も当組合の栫井理事があいさつとがんばろう三唱を元気いっぱい行いました…………かっこよかったですねぇ。
また初せりでは、桐の化粧箱に入った最高級品は『20万円』もの高値がつき、正直びっくりしました。1480756918378 14807569923111480756985037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜島小みかんは、ギネスブックに世界で一番小さなみかんとして登録されている、鹿児島の誇るみかんのひとつです。
見た目以上に味は濃く、皮をむいた時のなんともいえないみかんの香りが魅力のみかんです。
現在種あり、種無し共に出荷されておりそれぞれに違った味わいがあります。
また、皮の香りを生かして、陳皮としても楽しめます。
1480757004622 1480757001652

 

 

 

 

 

 

 

これからのお歳暮に欠かせないこの2種類の柑橘を日本全国の方に食べてもらい、もっと世の中に広まっていくといいなと思う今日この頃でした。
さあ、がんばって売るぞー!!